Egi4All #5 Time・Has・Come

ヘ・イカ・イズ!!

日々イカハントに励んでいる諸君…

動から静へ切り替わるその瞬間から意識をエギへ全集中させれているかい!?

もしまだなら前回のE4A#4をチェックしてゾーンへと己の意識を誘え!

E4A ~其ノ五~

タイム・ハズ・カム

今回も我々のミッションをコンプリートするべく重要な条件!!!

「OK、来たよ!」と奴らをカンナに掛け…
水中から陸に上げきるまでの捕獲方法を簡単に伝授しよう!

明確な当たりで鬼合わせ、違和感からのしゃくり合わせ…

プロセスはどんな形でも構わない、

ラインやロッドから伝わる重み…
そしてそこから来る生命感を感じとれたなら、奴らとのファイトが始まる…

先ずは、どんな状況であれラインのテンションは緩めない…
奴らも逃げるように、または自分が手にした飯を離すまいと
必死に抵抗してくるwww

この時岩などに張り付く事はあっても
ロックフィッシュのように一瞬で根に隠れたりなんて事は考え難い。
落ち着いてゆっくり糸を巻いて足元までイカを寄せる…
難しい事は何もない笑

足元まで寄せたらいよいよ抜き上げ!!!
さあここからが本番!
最後まで気を抜かず冷静に対処したまえ!!

代表的なランディング方法はと言うと…

1.そのまま抜き上げる
2.ランディングネット
3.ギャフ

今回は特に1の抜き上げについて話していこう!

抜き上げには奴らの重さの限界がある…
何故なら500gぐらいから、掛かっている場所によっては身切れして針が外れてしまう

ここで基本的な話しにはなるが、何かから逃げようとするイカは基本…
一方向にしか動かない…動けないwwwのである!!!

この事を十分理解しておけば網ですくうランディングなんかは奴らから進んで入ってくる訳だwww

それでは抜き上げの水面から陸へ上げるまで準備について…

まず穂先と水面(イカ)との距離をできる限り近づけ、
リールやロッドのバッド部分(手元側)に負荷をかけ
ロッドを水面と水平にする感覚で上へ持ち上げる!

この瞬間、奴らは最後の抵抗であがいてくる…
その動きが止むまでは無理に上げない!テンションだけ意識しておく!

動きが落ち着けば先程の流れで上げるだけ!!!

距離がある場合はドラグをしっかり締めてラインも巻き取る!忘れるな!
思いの外、穂先が曲がって上げ切れない時があるので要注意だあ!

奴らの背面の向きにも注意!
奴らの飛び道具…墨噴射が待っているからである笑
その際も背面を海の方へ向けていれば、この後、惨事には至らないwww

ギャフに関しては水面で胴の裏側へギャフを沈め、背面を引掛けて突き上げればOKだ!

ランディングネットもギャフも柄を短くしながら上げる事、でないと柄が折れてしまうので、こちらも注意が必要だ!

後は思う存分、歓喜に浸って欲しい!!!

長くなったが、今回は以上となる!

諸君の健闘を祈る、それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。