Egi4All #2 In・Egi・Area

ヘ・イカ・イズ!!

日々イカハントに励んでいる諸君…

スカウターは使えているかい!?

もしまだなら前回のE4A#1をチェックして再度、己のエギのスペックを確認して欲しい!!!

それでは沈下速度を把握したところで

E4A ~其ノ二~

「イン・エギ・エリア」

今回も我々のミッションをコンプリートするべく重要な条件!!!

BL〇CK P〇NKがイントロで言ってるアンセム!?…まぁ発音はそんな感じで頼む♪

キャストの範囲について述べさせていただこう!

さぁ待ちに待った釣行!

現場に入ってエギをスナップにセットし、

準備完了…脇目も振らずにフルキャスト!

ノーノーノー!

そう時合ってのは我々のペースに合わせてくれる余裕など無い…気持ちはわかる!

たが、それでは限られたフィールドの中、奴らにすぐ見透かされてしまう…

先ずは逸る気持ちを抑えて、着水するエギと自分の距離を3段階にわけてキャストするんだ…。

以上で今日は終わりwww

それではまた…

冗談はさて置き、説明しよう!

3段階ってのはざっくり竿と同じ

L (Light)

M (Medium)

H (Heavy)

の様にキャストする距離を自分の間隔で3つにわけるのだ!!!

足下はUL(UltraLight)…とでもしておこう!

察しの早い諸君ならもうおわかりだろう…

最初の一投はLight!

10m程度のエリアへ振りかざすのではなくエギの反動活かし、投げる反対方向へ竿先を引けば届く距離でOKだ!

岸に寄ってくるベイト達を狙って奴らはその辺に身を潜めていたりするのだ!

またLightに投げる事でロッドとラインのトラブル(ガイドをとばしてたり、ラインが絡まっていたり)を未然に防ぐ事もできる!

ちなみにここで無理にエギは着底させなくても大丈夫!

表層にいるやる気のある奴らなら3秒足らずで抱いてくる笑

そしてMedium!

ここからはキャストの個人差にもよるが20~30m!

フォールしているエギに全集中し、エギやラインのテンションを感じとって欲しい!

風や潮の流れでエギへの感覚は常に変わる!

ここからは着底させてもOKだ!

狙うレンジ、タナ(シャロー、ミディアム、ディープ、ボトム)の判断は諸君に任せる!

それよりも大事な事は何か違和感、変化を感じた時は遠慮なく合わせてやってくれぃ!

ちなみにキャストがいつまで経っても下手くそなN島は距離が稼げない分、左右の方向へ変化入れる…最終的にジグザグになるようにな!

これでもダメならフルキャスト Heavy

平均で言うと40~50m前後なのか!?

わからないが、ロッドを振りかざす力は8割9割でOK!

ここでさらに喰わせモードに持っていく!

奴らは余程のスイッチが入らない限り慎重にエギを眺めている…

慎重にフォールさせて抱かす間を作ってやってくれ、そしてしっかり合わせてやるんだ!

この時「OK、来たよぉ」の掛け声も忘れるなぁ!

最後に忘れていけないのはUL!!!

イカハントに悩める諸君、足下までしゃくり寄せたエギをまさかだがすぐに海面から上げてはいないか…!?

スナップが海面から出るくらいで構わない、そこでステイさせてエギから半径5~10mを奴らがチェイスしてきているかしっかり確認して欲しい!

そしてその時抱かなくても焦らずに奴が戻っていった場所を越えるエリアへ再キャスト!

間違っても奴らに目掛けてキャストはしないように!

軽くトゥイッチ程度のしゃくりでサイトエギングに持ち込むのだ!

あとは例の掛け声さえ忘れなければ大丈夫!

少し長くなったがイン・エギ・エリアは以上となる!

諸君の健闘を祈る、それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。